カードローンを賢く活用しよう

腕を骨折したときの入院費

私がお金がなくて焦ったのは、友人達とキャンプファイヤーをしてた時に骨折したことです。友人にいたずらをするために走っている時に、砂利道を美味く走ることが出来ずに転んだのです。ちょっとじゃれ合っていただけなのに、こんな事で仲間に迷惑をかけるとは思ってもいませんでした。

 

そのまま友人に連れられて病院に行ったのですが、骨折であると分かってからは、何もかもやる気が減退してしまったのです。翌日に手術となり数日間入院しましたが、その時の入院費用が全くない状態だったので、友人から借金をしたのです。

 

親に事情を説明してお金を送って貰う考えもあったのですが、やはり心配させたくないという気持ちから、借金は友人からだけにしたのです。

 

キャッシング会社を紹介!
アコム
レイク
プロミス
モビット
オリックスVIPローンカード

 

借金があることが理由での別れ

借金をしているなら、別れますと彼女に言われました・・・。

 

借金をしているのは事実ですが、今は返済しているだけで、新たにお金を借りたりなんてしていません。

 

でも真面目な彼女は、私に借金があることを知って、一緒にいるのは無理だと言いました(;;)

 

借金はやっぱりすべきではないと思ったので、彼女と付き合ってからは新しく増えていないんです・・・。

 

それでもフラれるって悲しいですね。

 

返済するのに頑張っていましたが、心が折れそうです(;;)

 

また借金をしてしまいそうな自分をなんとかしたくて、新しいバイトを増やしました。

 

忙しくしていれば、失恋の痛みを感じる暇もないかなって思ったんです(><)

 

借金を返済して、新しい道を歩いて頑張りたいです。

カードで買えない物をカードで買う

直接でないクレジットのやり方は簡明です。
クレジットを使って直に支払えないものをダイレクトに支払うという方法ではなく二次的に購入していけばいいのです。
解説が単純という理由である商品券の事例を使って示してみようと思っています。
お金を借りる2014.com

 

モデルになる女性が価値のあるコートを買いたいとそれを見つめて立っています。

 

その有名な銘柄の服を取り扱っているお店ではクレジットで取引することができないのです。

 

でもVISA、MasterCard、NICOSなどの商品券を用いるなら支払いを受け入れてくれるようです。
という事で例になる人はクレジットで商品カードを取り寄せした後で商品券を売っている場所に訪ねクレジットカードを駆使してJCB、Diners clubなどのギフトカードを取り寄せしたとします。

 

そして駆使したクレジットカードを利用して取引したAmerican Express、Diners clubなどののギフト券を売店に持参して向かい、購入したかった高価なアクセサリーを買い付けたとします。

 

「一体なんでその若者は例のような手間をとらせることしているの?」と思う事もあるかもしれませんが、実のところ上記で述べたプロセスを利用することで本来つくことのないカードポイントがもらえます。
普段通り、お金を支払う事で素晴らしいアクセサリーを取り寄せしたりしてもローンポイントは貯まりませんし、JCB、NICOSなどの商品券をお金で発注した上で使用してもクレジットポイントは貯まりません。
一方今示した状況の時であるならMasterCard、Diners clubなどのギフトカードをクレジットで購入したため高価なコートを買った場合と同じ量だけカードポイントが手に入れられるのです。
こういう状態が直接的でなくクレジットを駆使した状態になるため遠まわしに使うカードと呼ばれる仕方です。

消費者金融系のキャッシング

一昔前ではサラ金と呼ばれることもあった消費者金融のキャッシングですが、いまではクリーンなイメージで誰もが
知っているような会社になりました。うまくつかえばこんなに便利な機能はありません。キャッシングにも消費者
金融系や銀行系や信販系など何種類かありますが、一番手軽でおすすめなのはやっぱり消費者金融系。利息は銀行
系に比べると若干高いですが、それでも審査は通りやすいですし、一番いいのは会社によって無利息のキャッシング
を行っているということですね。無利息といっても一生無利息というわけではなく、30日間とか180日間とか
に設定されていますが、それでもその期間だけでも無利息ということは非常に大きいわけです。そこまでデメリット
を感じさせる要素が少なくなった消費者金融系のキャッシングなので、検討中の人は全然ありだと思います。

借金で分かった身の丈に合った生活

ようやく借金の返済が終わった現在、分かったのは身の丈に合った生活が一番大切ということです。私の借金というのは、消費者金融でのキャッシングが原因です。当時収入の少なさを補う形で利用していました。

もちろん使い過ぎは良くないと思い、考えながら借りているつもりだったのですが、次第に感覚がマヒしてしまい、自分のお金のように思えてきたのです。

すると以前よりも借り入れをする回数が多くなり、気付けば結構な金額にまで借金は増えていたのです。ここでようやく現実に向き合うことを行い、厳しい借金返済生活がスタートしました。

それから5年後、やっと借金の返済が終わりました。地道に返済をしていた時に、今後は収入に見合った生活をしようと決めたので、今後は借金をするつもりはありません。