カードローンを賢く活用しよう

カードで買えない物をカードで買う

直接でないクレジットのやり方は簡明です。
クレジットを使って直に支払えないものをダイレクトに支払うという方法ではなく二次的に購入していけばいいのです。
解説が単純という理由である商品券の事例を使って示してみようと思っています。

 

モデルになる女性が価値のあるコートを買いたいとそれを見つめて立っています。

 

その有名な銘柄の服を取り扱っているお店ではクレジットで取引することができないのです。

 

でもVISA、MasterCard、NICOSなどの商品券を用いるなら支払いを受け入れてくれるようです。
という事で例になる人はクレジットで商品カードを取り寄せした後で商品券を売っている場所に訪ねクレジットカードを駆使してJCB、Diners clubなどのギフトカードを取り寄せしたとします。

 

そして駆使したクレジットカードを利用して取引したAmerican Express、Diners clubなどののギフト券を売店に持参して向かい、購入したかった高価なアクセサリーを買い付けたとします。

 

「一体なんでその若者は例のような手間をとらせることしているの?」と思う事もあるかもしれませんが、実のところ上記で述べたプロセスを利用することで本来つくことのないカードポイントがもらえます。
普段通り、お金を支払う事で素晴らしいアクセサリーを取り寄せしたりしてもローンポイントは貯まりませんし、JCB、NICOSなどの商品券をお金で発注した上で使用してもクレジットポイントは貯まりません。
一方今示した状況の時であるならMasterCard、Diners clubなどのギフトカードをクレジットで購入したため高価なコートを買った場合と同じ量だけカードポイントが手に入れられるのです。
こういう状態が直接的でなくクレジットを駆使した状態になるため遠まわしに使うカードと呼ばれる仕方です。

消費者金融系のキャッシング

一昔前ではサラ金と呼ばれることもあった消費者金融のキャッシングですが、いまではクリーンなイメージで誰もが
知っているような会社になりました。うまくつかえばこんなに便利な機能はありません。キャッシングにも消費者
金融系や銀行系や信販系など何種類かありますが、一番手軽でおすすめなのはやっぱり消費者金融系。利息は銀行
系に比べると若干高いですが、それでも審査は通りやすいですし、一番いいのは会社によって無利息のキャッシング
を行っているということですね。無利息といっても一生無利息というわけではなく、30日間とか180日間とか
に設定されていますが、それでもその期間だけでも無利息ということは非常に大きいわけです。そこまでデメリット
を感じさせる要素が少なくなった消費者金融系のキャッシングなので、検討中の人は全然ありだと思います。